強制執行法・破産法 - 兼子一

強制執行法

Add: zarahyve61 - Date: 2020-12-12 16:22:24 - Views: 6142 - Clicks: 9979

兼子一 法律学講座双書 新版 強制執行法・破産法 弘文堂 昭和45年. 保全訴訟 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一著. 『民事訴訟法』(有斐閣、1949年) 3. 菊井維大著 出版情報: 東京 : 日本評論社, 1938. 竹下守夫が補訂 9. 『民事法研究 第3巻』(酒井書店、1969年) 4.

民事訴訟法 第3 昭和18 特別訴訟手続第1部(中田淳一) 特別訴訟手続第2部(山田正三) 競売法(小野木常) 第29巻 民事訴訟法 第4 昭和18 破産法(斎藤常三郎) 非訟事件手続法(岡村玄治) 第30巻 国際法 第1 昭和18 平時国際法第1部(大沢章) 共通法(実方正雄) 第31巻 国際法. 民事訴訟法||ミンジ ソショウホウ ; 26,26-2 書誌id: bnisbn: (1) (2). 三 二 一 破産宣告前の遅滞賃料検 討学説・判例はじめに. 強制執行法. 民事訴訟法||ミンジ ソショウホウ ; 4 書誌ID: BN0713841X. 『強制執行法・破産法』(弘文堂、1967年) 5. 信託法: 初版~新版.

6 形態: 281,6p ; 22cm 著者名: 兼子, 一 シリーズ名: 現代法律学演習講座 書誌ID: BN01973684. 934 ndlsh : 破産法 ndlsh : 和議法 ndlsh : 民事訴訟法 -- ドイツ: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ハサンホウ ; ワギホウ: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ドイツ ミンジ ソ. 7 形態: 1冊 ; 22cm 著者名:. 破産法 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青林書院新社, 1956. 破産法 : 完 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 弘文堂, 1953. 破産法 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青林書院, 1956 形態: 281p ; 22cm 著者名: 兼子, 一 シリーズ名: 法律学演習講座 書誌ID: BN07550173. 兼子は、日本における民事訴訟法学の独自性の基礎を築いた人物である。兼子は、民事訴訟の目的を紛争の解決にあるとして上で、訴権論については、紛争の解決は裁判所が本案判決によって実体法上の権利義務の存否を明らかにすることによって達せられるとして本案判決請求権説を.

強制執行(動産執行) フォーマット: 図書 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 第一法規出版, 1955-形態: 冊 (加除式) ; 21cm シリーズ名: 判例体系 ;. 民事訴訟法; 初版. 3 ndlc : az-786 ndlsh : 強制執行法: 注記: 各論の著者: 宮脇幸彦 総論の主要文献: p320-328 各論の主要文献: p530-534: タイトルのヨミ、その他のヨミ: キョウセイ シッコウ ホウ: その他のタイトルのヨミ. 兼子は、日本における民事訴訟法学の独自性の基礎を築いた人物である。兼子は、民事訴訟の目的を紛争の解決にあるとして上で、訴権論については、紛争の解決は裁判所が本案判決によって実体法上の権利義務の存否を明らかにすることによって達せられるとして本案判決請求権説をとり、訴訟物については、実体法上の請求権を基準に律する旧訴訟物理論・実体法説をとり、立証責任の分配については、実体法の条文を基礎に決定する法律要件分類説をとり、既判力の本質については、実体法説・具体的法規説をとって矛盾なき統一的な法解釈と理論的に精緻な体系を完成した。民事訴訟学の通説の大半は未だ兼子一の説に拠る。 破産法では、破産財団に法人格を認め権利主体と位置付ける考え(いわゆる暗星的法人)を提唱した。. 強制執行 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 弘文堂, 1953. 注22 破産法13条により民事訴訟法28条-37条が準用される。民訴法30条の準用も肯定してよい。 注23 大正11年破産法に関し、加藤*1927a328頁以下(名義の有無は債権の性質に属し、名義の存在は届出事項に含まれ、かつ、債権調査に服すとする。特に執行文の. jp2) 継続的供給関係と破産・会社更生―逐次引渡契約と反復債務関係との区別― / p95 (0053.

jp2) 三 新訴訟物論との対比 / (0050. 34 ; 兼子一,竹下守夫. 5 形態: 7, 119p ; 21 cm 著者名: 兼子, 一 強制執行法・破産法 - 兼子一 シリーズ名: 法律學講座 書誌ID: BN06711787. 『訴訟のはなし〔第3版〕』(有信堂高文社、1992年) 8. jp2) 一 会社更生法第一〇四条の二の新設の意義 / (0054. See full list on wpedia. 不動産の賃借人の破産 そのような観点からみれば、賃貸人破産の場合にっいて、かつての通説が破産法五九条の適用を認め、賃借人に著. 破産法 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一編 出版情報: 東京 : 青林書院新社, 1956.

『判例民事訴訟法〔新装版〕』(弘文堂、1967年) 6. See full list on weblio. 強制執行法・破産法 / 兼子一著 版: 新版 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 弘文堂, 1964. 1 形態: 16, 273, 3p ; 22cm シリーズ名: 法律学講座双書 著者名: 兼子, 一 書誌ID: BN10924872.

『新修民事訴訟法体系〔増訂版〕』(酒井書店、1965年) 4. 破産法 資料種別: 図書 責任表示: 兼子一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青林書院, 1956 形態: 281p ; 22cm 著者名: 兼子, 一. 兼子一著 (法律學講座) 弘文堂, 1954. 小野木常著. 強制執行法・破産法新版 - 兼子一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

兼子 一(かねこ はじめ、1906年(明治39年)12月18日 - 1973年(昭和48年)4月6日)は、日本の法学者。 専門は民事訴訟法。 元東京大学 教授。. 裁判法; 初版~第4版. 東京市生まれ。 旧制東京府立第一中学校(東京都立日比谷高等学校の前身)、第一高等学校(東京大学教養学部の前身)を経て、1929年東京帝国大学法学部法律学科卒業。1958年法学博士。 1928年(昭和3年)高等文官試験行政科試験及び司法科試験合格。1929年(昭和4年)東京帝国大学法学部助手、1931年(昭和6年)同助教授、1941年(昭和16年)同民事訴訟法破産法第二講座教授。1942年(昭和17年)、汪兆銘政権下の、いわゆる「もう一つの北京大学」で法学院教授を兼務し中国に渡る。1946年(昭和21年)帰国。1948年(昭和23年)法務庁調査意見長官兼務。1958年(昭和33年)東京大を辞職し弁護士登録。1957年(昭和32年)から1973年(昭和48年)まで日本大学教授。1957年(昭和32年)から1961年(昭和36年)まで中央労働委員会公益委員。1960年(昭和35年)から1971年(昭和46年)まで公共企業体等労働委員会委員長。 50歳定年説を唱え、自ら50歳にて大学を退職し弁護士となった。兼子・岩松法律事務所の設立者。 弟に、心理学者の兼子宙、海軍軍人だった兼子正らがいる。. 一 訴訟物確定の基本原則 / (0046. 『要説民事訴訟法〔増補補正版〕』(弘文堂、1975年) 7. 『民事法研究 第1巻〔再版〕』(酒井書店、1950年) 2. 菊井維大著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社, 1938.

強制執行法: 主題: 強制執行法: 分類・件名: ndc6 : 327. 兼子は、日本における民事訴訟法学の独自性の基礎を築いた人物である。兼子は、民事訴訟の目的を紛争の解決にあるとして上で、訴権論については、紛争の解決は裁判所が本案判決によって実体法上の権利義務の存否を明らかにすることによって達せられるとして本案判決請求権説をとり、訴訟物については、実体法上の請求権を基準に律する旧訴訟物理論・実体法説をとり、立証責任の分配については、実体法の条文を基礎に決定する法律要件分類説をとり、既判力の本質については、実体法説・具体的法規説をとって矛盾なき統一的な法解釈と理論的に精緻な体系を完成した。民事訴訟学の通説の大半は未だ兼子一の説に拠る。 破産法では、破産財団に法人格を認め権利主体と位置付ける考え(いわゆる暗星的法人)を提唱し、この考えを当時の通説になるまでに構築した。. 強制執行法・破産法 兼子一著 (法律学講座双書) 弘文堂, 1964. 東京市生まれ。 旧制東京府立第一中学校(東京都立日比谷高等学校の前身)、第一高等学校(東京大学教養学部の前身)を経て、1929年東京帝国大学法学部法律学科卒業。1958年法学博士。 1928年(昭和3年)高等文官試験行政科試験及び司法科試験合格。1929年(昭和4年)東京帝国大学法学部助手、1931年(昭和6年)同助教授、1941年(昭和16年)同民事訴訟法破産法第二講座教授。1942年(昭和17年)、汪兆銘政権下の、いわゆる「もう一つの北京大学」で法学院教授を兼務し中国に渡る。1946年(昭和21年)帰国。1948年(昭和23年)法務庁調査意見長官兼務。1958年(昭和33年)東京大を辞職し弁護士登録。1957年(昭和32年)から1973年(昭和48年)まで日本大学教授。1957年(昭和32年)から1961年(昭和36年)まで中央労働委員会公益委員。1960年(昭和35年)から1971年(昭和46年)まで公共企業体等労働委員会委員長。 50歳定年説を唱え、自ら50歳にて大学を退職し弁護士となった。兼子・岩松法律事務所の設立者。 晩年は、難病に苦しんだ。 弟に、心理学者の兼子宙、海軍軍人だった兼子正らがいる。. 第3巻 著者 兼子一 著 出版者 酒井書店 出版年月日 1969 請求記号 324. 独逸民事訴訟法: 主題: 和議法; 民事訴訟法--ドイツ; 破産法: 分類・件名: ndc8 : 327.

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. 5 Description: 7, 119p ; 21 cm Authors: 兼子, 一. 04-Ka414m 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 兼子 一(かねこ はじめ、1906年(明治39年)12月18日 - 1973年(昭和48年)4月6日)は、日本の法学者。専門は民事訴訟法。元東京大学教授。. 民事執行法および民事執行規則の全条文についての逐条解説。 令和元年改正による新法も盛り込んだ最新の内容。 立法趣旨、関連する判例・学説、実務運用とそれを理論的に検証する詳細かつ正確な記述。. 『民事訴訟法概論』(岩波書店、1938年) 2. 6 形態: 281,6p ; 22cm シリーズ名: 現代法律学演習講座 著者名: 兼子, 一 書誌ID: BN01973684. 11501/2997130 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル.

破産法 Format: Book Responsibility: 兼子一編 Language: Japanese Published: 東京 : 青林書院, 強制執行法・破産法 - 兼子一 1956 Description: 281p ; 22cm Authors: 兼子, 一 Series: 法律学演習講座 Catalog. 保全訴訟 種類: 図書 責任表示: 兼子一著. 35 ; 三ケ月章. 36-1 ; 菊井維大. 破産法 : 完 Format: Book Responsibility: 兼子一著 Language: Japanese Published: 東京 : 弘文堂, 1953. Amazonで兼子 一の強制執行法・破産法 (法律学講座双書)。アマゾンならポイント還元本が多数。兼子 一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 検索条件:cb_aid = "aa:" and webopac = "0" and cb_kind = "b,mp" 結果件数:図書 26 件 図書 1. 『民事訴訟法〔新版〕』(弘文堂、1992年).

; 19 cm 著者名: 兼子, 一 シリーズ名: 法律學講座 ; 8. 強制執行法・破産法 (法律学講座)/兼子 一(法学・法律)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. jp2) 二 具体例について / (0048. 新比較婚姻法1―東洋― 1900: 宮崎孝治郎編: 勁草書房: 1965: 函(背ヤケシミ) a5 388頁 蔵印 並: 24031: 強制執行法(各論)〔法律学全集36-2〕 : 宮脇幸彦: 有斐閣: 昭53: 函 a5 542頁 月報 並上: 24030: 強制執行法(総論)〔法律学全集36-1〕 1000: 菊井維大: 有斐閣. 『民事法研究 第2巻』(酒井書店、1954年) 3. キョウセイ シッコウホウ・ハサンホウ.

破産法 フォーマット: 図書 責任表示: 兼子一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青林書院新社, 1956 形態: 281,6p ; 22cm 著者名: 兼子, 一 シリーズ名: 現代法律学演習講座 書誌ID: BN01973684.

強制執行法・破産法 - 兼子一

email: evoqi@gmail.com - phone:(202) 666-6429 x 6848

法律記事の新しい読み方 - 山口正久 - 旅のイタリア語たったこれだけ 貝谷郁子

-> 江口寿志 アニメーション背景原図集 - 江口寿志
-> 季刊アーガマ no.138

強制執行法・破産法 - 兼子一 - 一般法人の登記 伊藤文秀 公益法人


Sitemap 1

大田洋子集 夕凪の街と人と 第3巻 - 大田洋子 - モネ睡蓮